心歩の会の生活支援について

07-30,2015

全国的に梅雨明けが進み、厳しい暑さが続いています。
屋外は勿論のこと、室内でも熱中症は起こり得るということですので
適切な水分や塩分補給を忘れずに、乗り切っていただきたいです。

さて私たち心歩の会は微力ながら、東日本大震災で被災され厳しい状況に
ある宮城県石巻市沿岸部地域への生活支援を継続しています。

石巻市沿岸部 縮小版



この地域は震災後、近隣に商業施設もなく日用品の入手が困難で、水道の
整備も悪く飲料水に適さない状況が今も続いています。

若手の方の多くは町を去り、ご高齢の方のお支えが必要です。

現地で、ご自身も被災されながら地域の方を見守り、支援物資の保管・配布を
担ってくださっている代表者さんと連携して、今後も継続して参りたいと思います。


現地物資保管庫


募集している支援物資は、慢性的に不足している生活必需品です。

特に必要とされているのは、日用消耗品・保存食品・ペットボトルのお水
(国産のもの)を中心とした以下の品目です。

[生活用品]
・トイレットペーパー
・ボックスティッシュ
・洗濯洗剤(液体のみ・・・粉末は凍結などで使いにくくなる事情がある為)
・食器用洗剤
・シャンプー類
・その他生活洗剤各種(お風呂用・トイレ用など)

[食料品] 日持ちするもの(賞味期限3か月以上)
・レトルト食品
・缶詰類
・乾麺類
・乾物(切干し大根・干し椎茸など)
・梅干し・ふりかけ類
・みそ・しょうゆ・酢
・だしの素
・ドレッシング類
・その他調味料各種(ソース・固形ルウなど)

・飲料水(国産のもの・・・外国のものは体質に合わない場合がある為)など

年末支援物資 縮小


募集期間は、主に年2回で、お盆前の7月末頃と年末前の12月上旬頃に
集約しています。(現地での活動に配慮の上)

今回のお盆支援は、諸事情により大々的な呼びかけは行いませんでしたが
今後も上記の通りに継続して参りますので、お心を寄せていただけましたら
ありがたいです。

先日、現地でお話を伺った時に、「忘れられている」とおっしゃられていたのが
頭から離れません。

遠く離れた場所にいると、なかなか現状が伝わりませんが、よく話をしてみると
「何ができるか分からないだけで、決して忘れてはいない。」という声が聴こえて
来ます。

この生活支援で、「私達は、忘れない。」という思いが少しでも伝わりますように。


ご理解・ご協力をいただけます時には、下記のメールフォームに
ご提供内容などお知らせをお願い申し上げます。

http://cocoanokai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html











スポンサーサイト